ふるさと自慢・風景 3

ー その5 ー

我が故郷海陽町の紹介                     

 

 四国八十八か所,23番札所薬王寺と海亀の産卵で有名な海部郡美波町(旧日和佐)から室戸岬に向かって室戸阿南海岸国定公園の美しい海岸線を見ながら南下すると県境の海陽町があります。

 

 アユ釣りと清流マラソンで有名な海部川,磯釣りやサーフィン,海水浴が盛んな美しい太平洋,秘境轟の滝で知られる美しい山々に恵まれた町です。また,源氏ホタルや大ウナギの生息地の母川,見渡す限りの防砂林の松林と太平洋の大波が打ち寄せる砂浜が続く大里松原海岸,オートキャンプ場「まぜのおか」等楽しめるところが多くあります。

 

 その中で私のお薦めの2つは,宍喰の竹が島にある海中観光船ブルーマリンと大里八幡神社秋祭りです。海中観光船ブルーマリンは,今ではサーフィンが盛んな竹が島の美しい海上の景色や船底に座って海底の様子が見える特殊な船で,美しいサンゴや熱帯魚を見ることができます。

 

 大里八幡神社秋祭りは,着物姿で化粧した小学生が乗り込み大太鼓,小太鼓,鐘を「コンコンチキチンコンチキチン」と演奏しながら,大人が綱でゆっくりと時には走ったりしながら曳いて進む家形のだんじり,舟形の関船が各地域から神社前に集まります。両方とも木製の車輪で提灯や大漁旗,笹竹等で飾られています。神社前から屋台が立ち並ぶ道路や松林の間を走ったりもします。神社からの神輿やてんぐ行列,流鏑馬なども行われます。

 前夜祭の海部川河口での花火大会には鞆地区のだんじりと関船が集まります。機会があればぜひ一度観光してみてください。

 

                          (ひろしま徳島県人会理事 野村由喜夫)

海中観光船ブルーマリン

竹が島のサーフィン

大里松原海岸